アクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気とラジオ

東日本大震災応援の宿は、少し休憩。
後日また追々更新していきます。


福島原発の倒壊による電力不足での計画停電も、
ようやく暖かくなり、いったん休止ということで、
ほっと胸をなでおろしているところ。
停電が頻繁に起こるなんて、思ってもみなかったので、
備えもろくにしていなかった。
確か、懐中電灯、あったハズ・・・
携帯ラジオも昔買ったおぼえが・・・
どこにしまったカナ・・・
あわててクローゼットの中をゴソゴソ。
なんとか探して間に合ったのだけど。

今回改めて感じたのは、電気のありがたみ。
マンションに住む管理人宅では、停電が起こると
何もかもが使えない。
照明、テレビはもちろんのこと、生活のほとんどが、
電気に頼っている現実。
夕方、停電中に帰宅すると、エレベーターが停止中。
(自家発はあるが、軽油不足で停止していた)
息を切らし、休みながら、上層階の我が家(10階以上)へ。
水も電気で汲み上げているので、使用不可。
タンクに水を用意しないとトイレも流せず。
付随してガス温水暖房(TES)。
ご飯炊きたくても炊飯もできない。
固定式電話はIP電話で停電時は使用できない。
インターネットも同様。
さまざまな機器が電気で動いている。

ある日突然、たった数時間といえども、昭和初期のような生活。
暗くて、寒くて、ヒマ。
薄暗い中、、ヒマを持て余し、ただひたすら、通電を待つ。
ソファーに横たわり、毛布にくるまって。
便利に慣れ過ぎた私たちには、数時間の停電さえも辛い。
(避難所生活を強いられている被災者を思えば、
そんな事も言ってはいられないのだけど)

懐中電灯だけの薄暗い部屋の中、
いつ来るかわからない余震に怯える3時間。
最近、すっかりその存在を忘れていたけど、
携帯ラジオがなんとありがたかったことか。
久々にじっくり音楽を聴き、ニュースに耳を傾けた。
ラジオから流れる音楽は、落ち着かない心を静めたし、
ラジオのニュースは的確で無駄な映像が無い分、
すんなり耳に入ってきた。
学生時代、試験前に聞いたラジオのDJを思い出して、
ほんの少し情緒的になったりもした。

皮肉にも今回の東日本大震災で、
電気のありがたみやラジオの大切さを
改めて感じた。

便利なことが当たり前になっている昨今だけど、
もっといろんなことに感謝して生きなくちゃ、と、
思います。

















テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

日常生活維持と娯楽産業への提言

昨日の日記に書きましたが、日常生活を維持しながら、
地震や津波、放射能などで被災した方々の支援をし続けることが
重要だと思います。
被災者にとっては、メディアが報じなくなった後の闘いの方が、
ずっと長く続くのです。
今回一部地域ではなく、何十万人という方々が避難を余儀なくされ、
また、避難していない方々も、近接する地域の商業、農業、漁業をはじめ、
他産業等も含めその被害の数は計り知れません。
ベースとなるライフラインの復旧だけでも相当な時間が必要と思われ、
近接地域のみならず、この震災の影響で倒産、廃業の危機に
晒されている企業も多数あります。
日頃は気づかない私たちの生活も例外ではありません。
すべてがつながっているのです。
そんな中、被災していない私たちが、日常を取り戻し、
日本経済をこれ以上衰退させないことも、立派な後方支援であり、
被災地の復興だけでなく、自分たちの生活をも助けることになるのです。
お金に余裕のない人はそれなりのいつもどおりの生活を、
余裕がある人は今まで以上に衣食住、娯楽等にお金を使い
経済を回していかなければ・・・。
とはいえ、たくさんの方々が家族を亡くしたり、安否不明だったり、
家財を失ったり、家に帰れなかったりと苦しんでいる時に
買い物や旅行、スポーツやコンサート等は贅沢だ、と、
良心の呵責により自重する人は多いと思います。
打撃を受けやすい娯楽・外食・サービス関連産業の方たちは、
例えば、旅館業なら、宿泊費の数パーセントを、ショーや
スポーツ関連なら、チケット代の数パーセントを、居酒屋等の
飲食産業なら、飲食代の数パーセントを、など、均一的な
義援金制度を構築し、わかりやすく明記して、訪れる、または
購入する人の罪悪感を取り除き、寄付にあてるというのも
ひとつの方法ではないかと思います。
(国には娯楽税などの税金という形にしてほしくないな。何か、
公平な税金UPならしかたないけど。あくまでも支援金や義援金は
産業界の自主性が、ベストと思う)
外食や娯楽をしていても復興のために役立つ」という、名目があれば
うしろめたさも軽減され、「娯楽する人は、必然的に寄付をしている」
ということが世間に広まれば、批判の声も弱まるのではないか?と、
思うのです。

多くの人が見ていたり、聞いていたりするメディアは、
同じような報道の繰り返しだけでなく、こうした自粛ムードで
苦しむ産業等についても、しっかり報道して、国民が
今、どう行動するのがベストなのか、を、考える機会を
作って欲しいものだと思います。
拙ブログでどんなに訴えても、人の目に触れるのは
ごくわずかでも何も書かないよりはいいかと思い、
批判も承知で訴えます!

節電や買いだめなど、できることには積極的に協力する、
けれでも自粛しすぎず、いつもどおりの生活をしましょう
そして、被災地の今後をずっと見守り続けましょう
今だけじゃなく、これからもずっとずっと・・・
マスコミが報道しなくなっても。






テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

RSSフィード

QRコード

QR

Let's link

 

このブログのタグリスト

民芸品 お守り 古い町並み 三町 城下町 さるぼぼ 朝市 高山 祭り 装束 屋台 上高地 平湯 ハイウェイバス 濃飛バス 平湯バスターミナル 義援金のある宿 がんばろう日本 コカコーラ 自動販売機 丸ボトル 初代日本丸 総帆展帆 登檣礼 バラアイス ガーデンパーティー バラフェスティバル スズメバチ 弱肉強食 Kamakura Choujyuji スギゴケ 長寿寺 グランドホテル磯屋 長崎鼻 犬吠埼灯台 犬吠埼 長崎海岸 ハナショウブ 後庭園 明月院 丸窓 赤地蔵 めいげついん あじさい 青地蔵 コウヤマキ かまくら陶藝館 布袋尊 浄智寺 イワタバコ 旧古河邸バラ園 銚子漁港 大漁旗 抱負 新年 イルミネーション スターライトガーデン クリスマスツリー 国立新美術館 黒川紀章 姥子 富士山 ロープウェイ ゴンドラ マイケルジャクソン 映画 行き違い 箱根ケーブルカー 箱根登山鉄道 のぼりやまてつみち君 スイッチバック 箱根フリーパス ロマンスカー Mrカズキ お台場 穴場 花火 荒川 ホルモン1番 西銀座チャンスセンター  宝くじ ヒメアジサイ 東慶寺 かまくら陶芸館 八重ドクダミ World the We 平和 are 円覚寺 弁天堂 黄梅院 6月の花 紫陽花  ルーブル展 薔薇園 ばら祭り 回遊式庭園 二の丸庭園 地下鉄地上駅 皇居東御苑 ANA 離陸 JAL ジャンボ機 羽田空港 離着陸 飛行機 藤田嗣治 青山ユニマット美術館 シャガール 太陽楼 コンテナ船 海のキリン 東京湾 ガントリークレーン 夕陽 展望台 船の科学館 お台場の風景 ゆりかもめ 灯台 君ヶ浜海岸 ロマンチック   節約 手作り 夕日 ウエーブ 感染列島 インフルエンザ ウイルス 海岸 砂浜 スザンヌ  紅葉 フェルメール  カイロ ギザ 砂漠 ピラミッド エジプト 昭和記念公園 コスモス コスモス畑 七色トカゲ 思い出 箱根 弓庵 専用露天風呂 宿 オープン 足立美術館 小泉八雲旧居 塩見縄手 千鳥城 日御碕灯台 経島 出雲大社 大しめ縄 古代神殿 小田原城 動物園 天主眺望 長谷大仏 高徳院 観月堂 輪蔵 長谷寺 エノデン 恵比寿屋 江の島の宿 山ふたつ 奥津宮 稚児ヶ淵 亀石 江の島岩屋 江の島灯台 サムエル・コッキング苑 江ノ島弁天橋 エスカー 江島神社 東京湾花火大会 お台場海浜公園 ビーナスフォート 竹林 花想い地蔵 アジサイ寺 湯の川プリンスホテル渚亭 バイキング 新日本海フェリー グリル ゆうかり ルルドの水 修道女 聖母マリア トラピスチヌ修道院 松嶺院 山門 北鎌倉 三門 外国人墓地 カフェテリア・モーリエ 高龍寺 宇須岸河野館 旧函館区公会堂 カトリック元町教会 函館元町 ハリストス正教会 八幡坂 摩周丸 函館山 BAYエリア 金森赤レンガ倉庫 函館港 五稜郭 洋式城郭 土塁 新五稜郭タワー 函館駅 夜景 濃霧 北海道駒ヶ岳 大沼公園 新日本三景 大沼駒ヶ岳神社 水芭蕉 桜ケ丘団地 やすらぎの家 木の実橋 金比羅火口災害遺構 とうや湖ぐるっと彫刻公園 白鳥型足こぎボート 洞爺湖畔 洞龍の足湯 洞爺湖 サイロ展望台 羊蹄山 有珠山火口原展望台 洞爺湖展望台 有珠山ロープウェイ 昭和新山 ベロニーテ型火山 火山村 有珠山 西山火口散策路 地殻変動 噴火 洞爺駅 駒ヶ岳 内浦湾 大通公園 北海道大学 赤れんが 札幌駅 演武場 時計台 北一硝子 水天宮 境町通り オルゴール堂 外人坂 小樽運河 小樽駅 小樽第3埠頭 小樽港 朝日 ゆうかり船内 フェリー 山の下埠頭 ゆうかりスイートルーム 展望デッキ 新宿御苑 庭園 ツツジ山 自然教育園 二重橋  皇居 お堀 見取り図 火事 新緑 天守台 日本庭園 旧古河邸 らいらっく 船旅 10時打ち チケット カシオペア 飛鳥山公園 都電荒川線 蒸気機関車 花見 絵画 八代亜紀 ジャイアントパンダ 寛永寺 西郷隆盛 清水観音堂 不忍池 桜見 上野公園 JR東海 お得なきっぷ 新幹線 石廊崎港 さんふらわあ カシオペア予約 緑の窓口 びゅうプラザ 城址 萩町合掌集落 白川郷 雪景色 

ブログ内検索

 

プロフィール

Tomichan


自然・温泉・食べる事が大好き!
旅先でふれた色々な実体験をなるべく詳細に記録しています。
後で自身のアルバムにもなるように(笑)
皆様の参考にもなればうれしいなあ、と思います。

リンク
カテゴリー
 
最近の記事
Tree-Arcive
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。