アクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子で磯遊び

銚子に行ってきました。
夏は毎年、8月第1土曜日~日曜に帰省。
今年も銚子の夏を満喫してきました。
まず、第一日目。
空は真っ青で沖の方に入道雲がプカリッ。
風はほどほど、でも暑い!
海で遊ぶには絶好の海日和でしたっ。

夏空と海
夏空と海

空がどれだけ青いかで海の色も変わる。
外房の海は水はきれいなんだけど、波が荒く、
底の砂を巻き込み、どちらかというと少し茶色がかる。
だから、曇りの日は、海の色もなんとなくどんよりして
にごって見えるけど、晴天の日はと~ってもきれい!
漂う波に空の青と光が映ってとっても神秘色に。

波に映った青空
波に映った青空

こんな日に撮影すれば、銚子一番の観光スポット、
白亜の犬吠埼灯台も絵葉書にも使えそうなショットが
撮れる?

犬吠埼灯台と荒海
犬吠埼灯台と荒海

青い空と青い海、真っ白な灯台と砕ける波の白が
なかなかきれいでしょ?

撮影場所はグランドホテル磯屋とぎょうけい館から降りた岩場。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

余談ですが、グランドホテル磯屋とぎょうけい館は隣同士で、
両者とも銚子を代表する高級宿。
銚子で宿泊を考えているなら、窓からの景色はこの
写真↑のロケーションそのままなので、一押しです。
食事も銚子ならではの海の幸が中心なので、
まず、失敗がないと思います。
ちなみに、管理人は、グランドホテル磯屋には
宿泊体験、ぎょうけい館は結婚式で食事経験あり。
参考までに2年前の冬、宿泊時の写真を
載せときます。

グランドホテル磯屋から見える景色
グランドホテル磯屋から見える景色

↑曇りだったので、今回と比べると海の色が暗いですね。
夕暮れになり、灯台に明りがともる頃から、
真っ暗な闇の中に白く浮き上がる灯台が、
遠くの海をレンズを回しながら照らす模様、
朝焼けの美しい海など、絶景を堪能できました^^

夕暮れの犬吠埼灯台
夕暮れの犬吠埼灯台

夜の犬吠埼灯台
夜の犬吠埼灯台

朝焼けの犬吠埼灯台
朝焼けの犬吠埼灯台

朝日もほぼ目の前から上がります。
銚子は初日の出も有名、元旦宿泊には早めの予約が
必要です。

料理は食べ始めたら、すっかり写真を撮るのを
忘れ・・・一部だけです。
この日のなべの中身はアワビの踊り焼だったと
記憶してますが、料理は季節やプランで変わるので
参考までに。

グランドホテル磯屋の料理の一部
グランドホテル磯屋の料理の一部

ライブカメラもグランドホテル磯屋さん
ロビー設置のものをリンクしておきますので、興味のある人は見てみてね。

犬吠埼を望むライブカメラ
※ 閲覧にはJava用ビューワが必要です→→→Java用ビューワ

予約ページもじゃらんでリンクしておきましたっ。↓
グランドホテル磯屋

ぎょうけい館


余談が長くなりました・・・すみません^^;

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて、話を今年8月7日に戻します。
なぜ、このあたりに来たかというと、
景色がいいのは言うまでもなく、
このあたりの岩についている貝類を取るのが目的。
大きな岩の隙間をよ~く見ると、亀の手やジンガサが、
岩に貼りついているので、それをほんの少しだけ
岩からはがし、ダシにするためです。
磯の風味がして、とてもおいしい吸い物になるのです^^
もちろん、大きければ、食すこともできますが、
このあたりのものは小さいものばかりなので。
(あっ、写真は撮り忘れました、スミマセン^^;)
ちなみに、このあたりは岩場なので、
子供が遊ぶのには適しません。
大小の岩がゴロゴロあり、波も荒く、とても危険です。
ホテルの客が海を見ながら、ちょっと散歩するぐらいが
ちょうど良い場所で、当然、泳ぐなんてもってのほか。
だけど、犬吠埼灯台と荒波が同時に撮れる
絶好の撮影スポットなのですよ。

犬吠埼灯台と岩礁
犬吠埼灯台と岩礁

↑この写真には荒波が写ってないけど・・・(苦笑)

グランドホテル磯屋前の岩と波
グランドホテル磯屋前の荒海

遊歩道沿いに大きなサボテンが黄色い花を
咲かせていたので灯台を入れて撮ってみましたっ。
ウィキで調べたら、このサボテンは俗に言う
ウチワサボテン、正式には”オプンティア”という
らしいです。↓

サボテンと灯台
サボテンと灯台

とっても大きく育ったサボテンです。
犬吠埼周辺には、海岸に育つ多種多様な
独特の植物の群生が見られますので、
興味がある方は、図鑑片手に散策するのも
いいかも知れません。


さて、1日目を終わり、ここからは2日目。
長崎海岸に移動してきましたっ。
この日も海日和。
風もほとんどい凪。
だから、ちょっと暑かった。
長崎海岸は、銚子で数少ない海水浴場のひとつです。
海に囲まれた銚子ですが、岩場が多く、波も荒い、
離岸流も流れているため、遊泳には適さない場所が多いのです。
銚子では、海水浴場は3つしかありません。
海鹿島海岸、銚子マリーナ海水浴場、そしてこの↓
長崎海水浴場だけです。
※君ヶ浜は海水浴場ではありません。
(波も荒い上に、急に深くなるので危ないのです)
長崎海水浴場は足元に小さな岩がありますが、
岩で囲っているので、沖に流される心配がなく、
子どもも安心して泳げます。

長崎海水浴場
長崎海水浴場

↑別の日に撮った写真です^^
岩で囲ってあるのが、わかりますか?
ロケーションもバッチリです。↓

銚子長崎海岸
銚子長崎海岸

長崎鼻から犬吠埼灯台を撮影1
長崎鼻から犬吠埼灯台を撮影1

長崎海岸から長崎鼻までは広い範囲で、
磯が続くので、干潮時なら磯遊びが楽しめます。
地元では長崎海岸と呼ばれていますが、
地図上では「酉明浦」と書かれています。
他県から観光客のほとんどは、犬吠埼より
先のこの場所を知らないのか?
真夏でも比較的空いています。
↓写真の灯台は長崎鼻灯台です。

酉明浦と長崎鼻灯台
酉明浦と長崎鼻灯台

長崎鼻灯台
長崎鼻灯台

長崎鼻灯台の周りはぐるっと磯になってます。
大人も子どもも楽しめる大好きな磯です。
是非是非、干潮の時間を調べて遊んで欲しい場所。

長崎鼻の磯より宝満を望む
長崎鼻の磯より宝満を望む

↑奥の太ったモアイ像が上を向いて寝てるような
島、「宝満(ホウマン)」って言います。
九郎判官義経の判官(ほうがん)が訛って、
宝満になったらしいですのですが・・・^^
すっかり大人の管理人も汗をたらしつつ、
子どもにかえり、クロックスをはいて
ジャブジャブ。
磯を覗き込んでは面白い生き物はいないかなぁ、と。
管理人は持ち帰ることはせずに、ただ見て回っただけですが。
潮がかなり引いている時に行ったので、
ベイボ(しったか),ヤドカリ、磯ガニはいっぱい。
管理人には上記↑はあまり珍しくないので、
カメラ構えず。
それでも、昔に比べるとずいぶん、荒らされてる感。
こどもの頃はもっと色々な生き物がたくさんいたのに・・・。
少し気落ちしながらも、磯の水溜りを歩いては、
岩の間を覗き込む。
こんな↓のを見つけた。
昔も見た記憶はあるのだけど、ここ最近、
めっきり見なくなった。
写真を撮って、連れに聞いてみた。
「この三葉虫のような貝、なんて名前?」
爆笑されてしまった。
三葉虫は古生代に絶滅しているためだ。
それにしても、原始的な形な気がするんだけど・・・。
んで、家に帰りネットで調べてみた。
現生の軟体動物では最も多くの殻を持つ多板綱。
一般には「ヒザラガイ」。
一部の地方では食べられているらしいが、一般的には
あまり食用には適さないらしい。
特に珍しいものではなく、日本の海岸には
普通にいるらしい・・・(なぁ~んだ、つまんない^^;)

ヒザラガイ
ヒザラガイ

こんなの↓も見つけたっ。
カニが集まってウニの黄色い身を食べていた。
なんて贅沢なカニだぁ。
3匹がウニに集まっていたけど、近づいたら、
2匹が離れた。
1匹はびくともせずに黙々と食べていた。
写真でわかるかなぁ?

ウニを食べるイソガニ
ウニを食べるイソガニ

少し潮が上げてきたのと、暑かったので、
近くの喫茶店に引き上げた。

磯に迫る波
磯に迫る波

一緒に来た連れたちは、磯釣りに励んでました^^

長崎鼻にて磯釣り
長崎鼻にて磯釣り

小ぶりですが、カサゴとアイナメを釣りあげたらしいです。
本格的に釣るなら、他に釣りスポットはいっぱいあるけど、
磯遊びのついでに子どもと魚釣りで遊ぶぐらいなら、
ちょうどいいかも?
アタリは結構あったらしいので。
海水浴ができて、磯遊びができて、釣りもできる、
しかも、絶景!
真夏は1件ですが、海の家もあるし、近くに喫茶店もあるので、
地元を知っている人間的にはここで海遊びはおすすめかな~^^

テーマ : 夏休みのおでかけ
ジャンル : 旅行

銚子長崎海岸の動画

先週末、銚子に行ってきましたっ。
夏らしい天気で、空の青さが海に映り海の色もきれいでした。
写真を撮っていたのですが、間違えてビデオにあわせていたらしく、
PCに画像を落とし込んだら、たまたまビデオもあり、
せっかくなので、UPします。

干潮から少し上げてきた時間帯で凪ぎです。
撮影は長崎海岸。
遠くの灯台は犬吠埼灯台。
海水浴、磯遊び、釣りができます。
海水浴の場所は沖に岩で囲ってあるので
波にさらわれる心配はない場所です。
ただし、足元は岩がゴロゴロしているので
注意は必要です。
磯遊びは滑らないサンダル必須です。
波がある日は地元のサーファーが、このあたりで
サーフィンしています。
この日は凪で、サーファーも波待ちしていましたが、
いい波が立たなかったようで、早々に引き上げてましたけど。
海遊び、磯遊びには絶好の場所。
一緒に来た連れは投げ釣りで小さめですが、
カサゴを釣り上げていましたよ。
連れの話では小ぶりのヒットが多いらしいです。
根がかり注意!岩の近くにそっと針を落としましょう。

銚子長崎海岸


管理人は磯遊びにいそしんでいましたよ。
当日撮った写真は、後日、改めてUPしま~す!

テーマ : 夏休みのおでかけ
ジャンル : 旅行

RSSフィード

QRコード

QR

Let's link

 

このブログのタグリスト

民芸品 お守り 古い町並み 三町 城下町 さるぼぼ 朝市 高山 祭り 装束 屋台 上高地 平湯 ハイウェイバス 濃飛バス 平湯バスターミナル 義援金のある宿 がんばろう日本 コカコーラ 自動販売機 丸ボトル 初代日本丸 総帆展帆 登檣礼 バラアイス ガーデンパーティー バラフェスティバル スズメバチ 弱肉強食 Kamakura Choujyuji スギゴケ 長寿寺 グランドホテル磯屋 長崎鼻 犬吠埼灯台 犬吠埼 長崎海岸 ハナショウブ 後庭園 明月院 丸窓 赤地蔵 めいげついん あじさい 青地蔵 コウヤマキ かまくら陶藝館 布袋尊 浄智寺 イワタバコ 旧古河邸バラ園 銚子漁港 大漁旗 抱負 新年 イルミネーション スターライトガーデン クリスマスツリー 国立新美術館 黒川紀章 姥子 富士山 ロープウェイ ゴンドラ マイケルジャクソン 映画 行き違い 箱根ケーブルカー 箱根登山鉄道 のぼりやまてつみち君 スイッチバック 箱根フリーパス ロマンスカー Mrカズキ お台場 穴場 花火 荒川 ホルモン1番 西銀座チャンスセンター  宝くじ ヒメアジサイ 東慶寺 かまくら陶芸館 八重ドクダミ World the We 平和 are 円覚寺 弁天堂 黄梅院 6月の花 紫陽花  ルーブル展 薔薇園 ばら祭り 回遊式庭園 二の丸庭園 地下鉄地上駅 皇居東御苑 ANA 離陸 JAL ジャンボ機 羽田空港 離着陸 飛行機 藤田嗣治 青山ユニマット美術館 シャガール 太陽楼 コンテナ船 海のキリン 東京湾 ガントリークレーン 夕陽 展望台 船の科学館 お台場の風景 ゆりかもめ 灯台 君ヶ浜海岸 ロマンチック   節約 手作り 夕日 ウエーブ 感染列島 インフルエンザ ウイルス 海岸 砂浜 スザンヌ  紅葉 フェルメール  カイロ ギザ 砂漠 ピラミッド エジプト 昭和記念公園 コスモス コスモス畑 七色トカゲ 思い出 箱根 弓庵 専用露天風呂 宿 オープン 足立美術館 小泉八雲旧居 塩見縄手 千鳥城 日御碕灯台 経島 出雲大社 大しめ縄 古代神殿 小田原城 動物園 天主眺望 長谷大仏 高徳院 観月堂 輪蔵 長谷寺 エノデン 恵比寿屋 江の島の宿 山ふたつ 奥津宮 稚児ヶ淵 亀石 江の島岩屋 江の島灯台 サムエル・コッキング苑 江ノ島弁天橋 エスカー 江島神社 東京湾花火大会 お台場海浜公園 ビーナスフォート 竹林 花想い地蔵 アジサイ寺 湯の川プリンスホテル渚亭 バイキング 新日本海フェリー グリル ゆうかり ルルドの水 修道女 聖母マリア トラピスチヌ修道院 松嶺院 山門 北鎌倉 三門 外国人墓地 カフェテリア・モーリエ 高龍寺 宇須岸河野館 旧函館区公会堂 カトリック元町教会 函館元町 ハリストス正教会 八幡坂 摩周丸 函館山 BAYエリア 金森赤レンガ倉庫 函館港 五稜郭 洋式城郭 土塁 新五稜郭タワー 函館駅 夜景 濃霧 北海道駒ヶ岳 大沼公園 新日本三景 大沼駒ヶ岳神社 水芭蕉 桜ケ丘団地 やすらぎの家 木の実橋 金比羅火口災害遺構 とうや湖ぐるっと彫刻公園 白鳥型足こぎボート 洞爺湖畔 洞龍の足湯 洞爺湖 サイロ展望台 羊蹄山 有珠山火口原展望台 洞爺湖展望台 有珠山ロープウェイ 昭和新山 ベロニーテ型火山 火山村 有珠山 西山火口散策路 地殻変動 噴火 洞爺駅 駒ヶ岳 内浦湾 大通公園 北海道大学 赤れんが 札幌駅 演武場 時計台 北一硝子 水天宮 境町通り オルゴール堂 外人坂 小樽運河 小樽駅 小樽第3埠頭 小樽港 朝日 ゆうかり船内 フェリー 山の下埠頭 ゆうかりスイートルーム 展望デッキ 新宿御苑 庭園 ツツジ山 自然教育園 二重橋  皇居 お堀 見取り図 火事 新緑 天守台 日本庭園 旧古河邸 らいらっく 船旅 10時打ち チケット カシオペア 飛鳥山公園 都電荒川線 蒸気機関車 花見 絵画 八代亜紀 ジャイアントパンダ 寛永寺 西郷隆盛 清水観音堂 不忍池 桜見 上野公園 JR東海 お得なきっぷ 新幹線 石廊崎港 さんふらわあ カシオペア予約 緑の窓口 びゅうプラザ 城址 萩町合掌集落 白川郷 雪景色 

ブログ内検索

 

プロフィール

Tomichan


自然・温泉・食べる事が大好き!
旅先でふれた色々な実体験をなるべく詳細に記録しています。
後で自身のアルバムにもなるように(笑)
皆様の参考にもなればうれしいなあ、と思います。

リンク
カテゴリー
 
最近の記事
Tree-Arcive
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。