アクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドタウンクリスマス

国立新美術館の帰り、クリスマスイルミネーションを見よう、
ってことで、東京ミッドタウンをクリスマスを見てきました。

MIDTOWN CHRISTMAS 2009 は
”大切な人の幸せを願う誰もがサンタクロースである”
のコンセプトで、「この街に訪れるすべての方が幸せになりますように・・・」の
願いが込められているそうです。

国立新美術館の玄関左をまっすぐ歩いてすぐ、東京ミッドナイトの
ガーデン入口です。
高原の湧水、山のせせらぎ、森のエッジ、芝生広場と4つのゾーンに
なっています。
ガーデンのコンセプトは”on the green”
日本庭園の概念が取り入れられて、人と自然の共生の願いが
込められているとのことです。
防衛庁の跡地だったこともあり、約140本の樹木が移植され、
芝生広場に続く樹木には、LEDライトが飾られ、
とてもロマンチック。

高原の湧水ゾーンから山のせせらぎゾーンのイルミネーション
山のせせらぎゾーンのイルミネーション

大きな大木も光のおめかし。
↑写真の真ん中のピンクの木は樹齢61年のクスノキ。

電飾で飾られたイチョウ
ライトが飾られたイチョウ

↑銀杏までも電飾がチラチラ。

さくら通りのイルミネーションクリスマスツリー
さくら通りのイルミネーションとクリスマスツリー

カーブのあるさくら通りも庭園と一体化。
さくらの木はシャンパングラスの形に。
ライトは上から下に光が動き、雪が
舞い降る様子を表現。
シャンパンがグラスからあふれているようにも見えます。
パリのシャンゼリゼ通りを忠実に再現したとのことです。

さくら通りのシャンゼリゼ・イルミネーション
さくら通りのシャンゼリゼ・イルミネーション

芝生広場まで来ると大きなTree。
遠くからでも明るくて、大きくて、
一際、目だっていました。

スターライトガーデンクリスマスツリー
スターライトガーデンのクリスマスツリー

東京ミッドタウンの高層ビルをバックにしても
負けないくらいのまばゆさ。

クリスマスツリーを見上げて
スターライトガーデンのクリスマスツリーその2

美しいツリーに誘われ、広場に着くと、さらに驚き。
2000?もの広大な芝生が一面青。
まるで地面に星屑を散りばめたように青く輝いています。

芝生広場のクリスマスイルミネーションその1
芝生広場のクリスマスイルミネーションその1

広場の周りを囲むように人、ヒト、ひと。
暗闇にぱっと白い光があちこちに走り、
一面の青い星屑は、少しづつ、強く、明るく、
闇夜に浮かびあがります。

芝生広場のクリスマスイルミネーションその2
芝生広場のクリスマスイルミネーションその2

せっかくなので、東京タワーも見える位置に陣取り、
幻想的な光のショーを見てきました。

芝生広場のクリスマスイルミネーションその3
芝生広場のクリスマスイルミネーションその3

明るさが増してくると、周りの樹木のイルミネーションも点灯。

芝生広場のクリスマスイルミネーションその4
芝生広場のクリスマスイルミネーションその4

樹木と樹木の間にも白い光が走り、明るさはピークに。
そして・・・また、暗闇に・・・。
幻想的でうっとりのこのスターライトガーデン
東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーションの目玉。
携帯・一デジ・コンデジ・・・、絶好の撮影ポイントです。

芝生広場のクリスマスイルミネーションその5
芝生広場のクリスマスイルミネーションその5

オープンスペースなので、見学はタダ。
なのに・・・すごくきれいで、感動できて、
なんかとっても得した気分♪
ルミナリエとはまた違う新鮮さでした。

MIDTOWN CHRISTMASの看板
MIDTOWN CHRISTMASの看板

さて、移動して次は、プラザ キャノピー・スクエアの
イルミネーション、”光の交差点”「プリズムアベニュー」です。
天井にレースの様に飾られたイルミネーションは
1つずつが白や青や緑に変化します。
柱の間をレーザーのように走る光は、世界初の
薄型フルカラーLEDライン「ASAMI」なのだそうです。

プリズムアベニューその1
キャノピー・スクエアのプリズムアベニューその1

プリズムアベニューその2
キャノピー・スクエアのプリズムアベニューその2

ガレリア吹き抜け天井は和紙でできたウェルカムシャンデリア。
雪の結晶のモチーフを型取り白の和紙で出来ています。
19時~24時で1時間に2回、15分のショータイムで
ライトアップするそうです・・・写真はショータイムではないですが。

和紙のシャンデリア
和紙のシャンデリア

そして最後はサンタツリー! ↓

サンタツリー

表情やしぐさ、大きさ、形、色々なサンタクロースの
オーナメントで作られたサンタツリー♪
ツリーの上部で糸のように見えている部分は
上から下へと水が流れています。
 
サンタツリーその2 

サンタクロースの表情がとってもかわいくって・・・
思わず近くに寄ってどんなサンタがいるのかな、って
見てしまいます。

サンタツリーのサンタたち
サンタツリーのサンタたち

サンターさんでツリーを作るなんて・・・お・し・ゃ・れ♪
ツリーの周りに人が近づき、お気に入りのサンタクロースの
写真みなさん撮ってます。

サンタツリーに群がる人

クリスマスイルミネーションやクリスマスツリーは
この時期ならではの光景。
町に出ると至る所でいろんなクリスマスの飾りが
見られるので楽しいですよね。
景気低迷で、不安つのる日々ではありますが・・・、
とりあえず楽しめるものは楽しまないとね。


とても有意義な1日となりました。
○○さん、いつもありがとう

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

芸術の秋

THE ハプスブルクと第41回 日展を見るため、
乃木坂にある国立新美術館へ行ってきました。
2つの大きな展覧会を見たので、と~っても疲れました。

ハプスブルグ展の方はヨーロッパ一の名門貴族の
ハプスブルグ家ゆかりの画家の絵が中心。
デューラーやティツィアーノ、ベラスケス、
他にもルーベンス、エル・グレコなどなど・・・
展示された肖像画が中心で他に受胎告知や
キリストの埋葬などの宗教画もありました。
肖像画では肌の透明感ややわらかさ、
着ている生地の質感や模様など
リアルで裕福な感じがよく出ていました。
有名な素晴らしい画家たちの絵なのだけど、
個人的にはこの時代の絵はあまり好みではありません。
性能の良いカメラが無かった時代なら、
きっともっと感動したに違いないのだけど。


一方、日展は公募展。
油絵、日本画、書、工芸美術、彫刻などが
飾られ、量が多いので全部見るのは大変。
なので、今回は興味のある油絵だけを見学しました。
静物、人物、風景、抽象画など、モチーフもさまざまなので
色々見れておもしろいです。


結局、大きな2つの展覧会を見たので、
4時間強もかかっちゃった。
後半は疲れて腰が痛くて・・・(泣)。


ところで、国立新美術館、初めて来たけど、
いやぁ~、スゴイ建物です。
広さもさることながらデザインがまた素晴らしい!
さすが、故黒川紀章氏の遺作だけのことはある。
内部も外部もウェーブのついたガラスのカーテンウォールも
どの角度から見ても美しく、建物自体がアートです。



国立新美術館正面
国立新美術館正面

斜め前からの外観
国立新美術館斜め前からの外観

ウェーブのついたガラスのカーテンウォール
国立新美術館壁面のウェーブ

カーテンウォール内部(1Fカフェから)
国立新美術館1Fカフェから窓を写す

コンセプトは”森の中の美術館”とのことで、
乃木坂方面から正面玄関へとつながる坂道に
落葉樹が植えられちょうど紅葉してました。

スロープの紅葉
美術館と坂道の紅葉

落葉
美術館に続く坂道の落葉


1階にはデッキもあってちょうど視界に樹木が
入るようにできている。
天気がいい日はデッキでのんびりも気持ち良さそう。


国立新美術館が現代建築の中でも、
秀逸であるのに間違いはない。
が、しかし、建築費は350億円とか。
建物の美しさとは別に、経済が混迷する最中、
このあまりにもイカシタ建物を見て、
違和感を感じるのはきっと私だけではないだろう。
血税はこうして消えていくのかと。

・・・とグチっても仕方ないっか。

紅葉と国立新美術館
紅葉と国立新美術館

見上げれば、青空とまるみを帯びたウェーブの壁、
色づいた樹木の葉。
黒川紀章は最後に「共生の思想」の集大成として
都市空間を表現したかったんだろうな。


青空と紅葉と美術館
青空と紅葉と美術館

おまけ。
空に広告用の飛行船が飛んでた。

飛行船ダイワハウス号
飛行船

次回は六本木のクリスマスイルミネーション。
箱根の日記の続きはまたその後ということで。

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

RSSフィード

QRコード

QR

Let's link

 

このブログのタグリスト

民芸品 お守り 古い町並み 三町 城下町 さるぼぼ 朝市 高山 祭り 装束 屋台 上高地 平湯 ハイウェイバス 濃飛バス 平湯バスターミナル 義援金のある宿 がんばろう日本 コカコーラ 自動販売機 丸ボトル 初代日本丸 総帆展帆 登檣礼 バラアイス ガーデンパーティー バラフェスティバル スズメバチ 弱肉強食 Kamakura Choujyuji スギゴケ 長寿寺 グランドホテル磯屋 長崎鼻 犬吠埼灯台 犬吠埼 長崎海岸 ハナショウブ 後庭園 明月院 丸窓 赤地蔵 めいげついん あじさい 青地蔵 コウヤマキ かまくら陶藝館 布袋尊 浄智寺 イワタバコ 旧古河邸バラ園 銚子漁港 大漁旗 抱負 新年 イルミネーション スターライトガーデン クリスマスツリー 国立新美術館 黒川紀章 姥子 富士山 ロープウェイ ゴンドラ マイケルジャクソン 映画 行き違い 箱根ケーブルカー 箱根登山鉄道 のぼりやまてつみち君 スイッチバック 箱根フリーパス ロマンスカー Mrカズキ お台場 穴場 花火 荒川 ホルモン1番 西銀座チャンスセンター  宝くじ ヒメアジサイ 東慶寺 かまくら陶芸館 八重ドクダミ World the We 平和 are 円覚寺 弁天堂 黄梅院 6月の花 紫陽花  ルーブル展 薔薇園 ばら祭り 回遊式庭園 二の丸庭園 地下鉄地上駅 皇居東御苑 ANA 離陸 JAL ジャンボ機 羽田空港 離着陸 飛行機 藤田嗣治 青山ユニマット美術館 シャガール 太陽楼 コンテナ船 海のキリン 東京湾 ガントリークレーン 夕陽 展望台 船の科学館 お台場の風景 ゆりかもめ 灯台 君ヶ浜海岸 ロマンチック   節約 手作り 夕日 ウエーブ 感染列島 インフルエンザ ウイルス 海岸 砂浜 スザンヌ  紅葉 フェルメール  カイロ ギザ 砂漠 ピラミッド エジプト 昭和記念公園 コスモス コスモス畑 七色トカゲ 思い出 箱根 弓庵 専用露天風呂 宿 オープン 足立美術館 小泉八雲旧居 塩見縄手 千鳥城 日御碕灯台 経島 出雲大社 大しめ縄 古代神殿 小田原城 動物園 天主眺望 長谷大仏 高徳院 観月堂 輪蔵 長谷寺 エノデン 恵比寿屋 江の島の宿 山ふたつ 奥津宮 稚児ヶ淵 亀石 江の島岩屋 江の島灯台 サムエル・コッキング苑 江ノ島弁天橋 エスカー 江島神社 東京湾花火大会 お台場海浜公園 ビーナスフォート 竹林 花想い地蔵 アジサイ寺 湯の川プリンスホテル渚亭 バイキング 新日本海フェリー グリル ゆうかり ルルドの水 修道女 聖母マリア トラピスチヌ修道院 松嶺院 山門 北鎌倉 三門 外国人墓地 カフェテリア・モーリエ 高龍寺 宇須岸河野館 旧函館区公会堂 カトリック元町教会 函館元町 ハリストス正教会 八幡坂 摩周丸 函館山 BAYエリア 金森赤レンガ倉庫 函館港 五稜郭 洋式城郭 土塁 新五稜郭タワー 函館駅 夜景 濃霧 北海道駒ヶ岳 大沼公園 新日本三景 大沼駒ヶ岳神社 水芭蕉 桜ケ丘団地 やすらぎの家 木の実橋 金比羅火口災害遺構 とうや湖ぐるっと彫刻公園 白鳥型足こぎボート 洞爺湖畔 洞龍の足湯 洞爺湖 サイロ展望台 羊蹄山 有珠山火口原展望台 洞爺湖展望台 有珠山ロープウェイ 昭和新山 ベロニーテ型火山 火山村 有珠山 西山火口散策路 地殻変動 噴火 洞爺駅 駒ヶ岳 内浦湾 大通公園 北海道大学 赤れんが 札幌駅 演武場 時計台 北一硝子 水天宮 境町通り オルゴール堂 外人坂 小樽運河 小樽駅 小樽第3埠頭 小樽港 朝日 ゆうかり船内 フェリー 山の下埠頭 ゆうかりスイートルーム 展望デッキ 新宿御苑 庭園 ツツジ山 自然教育園 二重橋  皇居 お堀 見取り図 火事 新緑 天守台 日本庭園 旧古河邸 らいらっく 船旅 10時打ち チケット カシオペア 飛鳥山公園 都電荒川線 蒸気機関車 花見 絵画 八代亜紀 ジャイアントパンダ 寛永寺 西郷隆盛 清水観音堂 不忍池 桜見 上野公園 JR東海 お得なきっぷ 新幹線 石廊崎港 さんふらわあ カシオペア予約 緑の窓口 びゅうプラザ 城址 萩町合掌集落 白川郷 雪景色 

ブログ内検索

 

プロフィール

Tomichan


自然・温泉・食べる事が大好き!
旅先でふれた色々な実体験をなるべく詳細に記録しています。
後で自身のアルバムにもなるように(笑)
皆様の参考にもなればうれしいなあ、と思います。

リンク
カテゴリー
 
最近の記事
Tree-Arcive
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー(月別)
11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。