アクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館-① 1号機関車と弁慶号と善光号

2007年10月14日にOPEN。
できたてほやほやの鉄道博物館に行って来ました。
出かけたのは10月の終わりの日曜日です。
オープンしたての人混みを避けるため午後3時目指して出発。
大宮駅からニューシャトルに乗り、1つめの駅が鉄道博物館駅。

埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)
埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)

↑このニューシャトルも大宮駅からのカーブの感じが遊園地の乗り物みたい。
鉄道博物館駅に行く電車としてはピッタリ!
鉄道博物館駅からはそのまま直結していました。

鉄道博物館へはSuicaシステム対応のICカードを購入し、
ピッとSuicaシステムに当てて入場。
(大人¥1,000 小中高生 ¥500 幼児(3歳以上未就学児)¥200)
(Suicaを持っている人は電子チケット販売機で入館料をSuicaで
 支払い、Suicaで入退場も可能。)
午後3時頃に入館したのは大正解で、そろそろみんな帰る頃で
閉館は18時までだから、わりとゆったりと見学ができました。
・・・が、ちょっとだけ時間が足りなかったかな?
日曜日なら、14時ぐらいの入館が一番いいかも?


で、さっそく鉄道博物館のメイン展示場である1Fのヒストリーゾーンへ。
ウワサには聞いていたけどウワサ以上にスゴイ!
本物の列車がいっぱいあって超楽しい!
にわか鉄子ちゃんに変身しちゃいました~♪

写真がたくさんあるので何回かに分けま~す。
今日はヒストリーゾーンの中の日本の鉄道黎明期から。
博物館の中では1つ1つの車両に説明があるのですが、
臨場感と説明は鉄道博物館でじっくり見てねってことで簡単に。



ヒストリーゾーン・・・日本の鉄道の黎明期

日本で最初の鉄道は新橋~横浜間、1872(明治5)年9月12日。
建設工事は1859(明治2)年から始まっていたが、日本ではまだ、
蒸気機関車を製造することができず、イギリスから10両の機関車が
輸入され、そのうちの1両が1号機関車(150形式)なのだとか。
新橋~横浜間を約8年、その後関西に転籍後、島原鉄道に払い下げられ、
2回の改造も加えられているのだとか。
国指定の重要文化財&鉄道記念物になっているそうです。

番号:150
製造年:1871(明治4)年
製造所:バルカン・ファウンドリー(イギリス)
全長:7.4m

1号機関車(150形式)
1号機関車(150形式)


1号機関車(150形式)のプレート
1号機関車(150形式)のプレート

このプレートの隣には島原鉄道の社長の記した惜別感無量のプレートもあり、
この1号機関車を手放す時の寂しさが伝わります。

1号機関車の運転席内部
1号機関車の運転席内部

1号機関車は、1872(明治5)年夕刻の新橋駅のホームの情景が
再現された情景再現展示されており、創業期の客車を牽引しています。

創業期の客車
創業期の客車

創業期の客車は「最古客車図」をもとに造られた下等客車(3等)の
実物大の模造品とか。
木製でクッションがなく長イスのよう。
長時間座っていたら堅くて痛そうだ。

創業期の客車の内部
創業期の客車の内部

1880(明治13)年11月28日、北海道初の幌内鉄道が開通。
当時北海道は明治政府が配置した開拓使により開発が進められており、
港のあった小樽から手宮から札幌へ、さらには炭坑のある幌内へと
連絡する必要がありました。幌内鉄道は1880年から4年間に渡って
8両の蒸気機関車が輸入された。
1号機は「義経」、2号機は「弁慶」。
機関車に名前をつけるのはアメリカ式。
名前の由来は義経一行が北海道にまで落ち延びたという伝説にちなんでとか。
鉄道記念物だそうです。

番号:7101
製造年:1880(明治13)年
製造所:H.K.ポーター(アメリカ)
全長:12.2m

弁慶号機関車(7100形式)
弁慶号機関車(7100形式)

確かに煙突のかたちやベルがついているのががアメリカっぽい気がする。

弁慶号機関車のベル
弁慶号機関車のベル

弁慶号機関車(7100形式)の運転席内部
弁慶号機関車(7100形式)の運転席内部

なんとなく明るいイメージの機関車の印象を受けてしまうのはなぜだろう?
弁慶号は開拓使号客車(コトク5010形式)を牽引していたのに
弁慶号にみとれてすっかり写真を撮るのを忘れてしまった。

弁慶号機関車(7100形式)横から
弁慶号機関車(7100形式)横から


日本最初の私鉄の1号機関車で1881(明治14)年に日本鉄道の
上野~熊谷間建設用に輸入された蒸気機関車。
名前の由来は横浜港から艀に乗せて荒川に入り、川口市にある善光寺の近くで
陸揚げされたことから「善光号」となった。
京阪神間の建設工事で使われた同型2両とともに1290形式と命名され、
その3番目ということで1292号機となった。
機関車の煙室扉の開閉が上下、インサイドシリンダー、サドルタンクなどの
構造が珍しいのが特徴。
鉄道記念物。

番号:1292
製造年:1881(明治14)年
製造所:マニング・ワードル(イギリス)
全長:7.0m

善光号機関車(1290形式)
善光号機関車(1290形式)

善光号機関車は車輪の下も見ることが出来るようになっている。

善光号機関車(1290形式)の車両の下から
善光号機関車(1290形式)の車両の下から

通常車体の横についているパイプのようなもの、確かに床下部分にある。

善光号機関車(1290形式)のプレート
善光号機関車(1290形式)のプレート

本物の蒸気機関車を間近にこんなに見たのは初めてのこと。
優美な曲線に風格はまるで美術品。
現在の軽くて機能的な電車もそれはそれでいいのだけれど、
この頃の機関車、走っているのが見てみたいなあ。
乗ってみたいなあ。
目がランランに輝いていた管理人でした~。

今日の日記は↓の図の黄色い部分、日本の鉄道の黎明期の写真でした。

鉄道博物館1Fヒストリーゾーンの列車の配置
鉄道博物館1Fヒストリーゾーンの列車の配置


まだまだつづく。



関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

RSSフィード

QRコード

QR

Let's link

 

このブログのタグリスト

民芸品 お守り 古い町並み 三町 城下町 さるぼぼ 朝市 高山 祭り 装束 屋台 上高地 平湯 ハイウェイバス 濃飛バス 平湯バスターミナル 義援金のある宿 がんばろう日本 コカコーラ 自動販売機 丸ボトル 初代日本丸 総帆展帆 登檣礼 バラアイス ガーデンパーティー バラフェスティバル スズメバチ 弱肉強食 Kamakura Choujyuji スギゴケ 長寿寺 グランドホテル磯屋 長崎鼻 犬吠埼灯台 犬吠埼 長崎海岸 ハナショウブ 後庭園 明月院 丸窓 赤地蔵 めいげついん あじさい 青地蔵 コウヤマキ かまくら陶藝館 布袋尊 浄智寺 イワタバコ 旧古河邸バラ園 銚子漁港 大漁旗 抱負 新年 イルミネーション スターライトガーデン クリスマスツリー 国立新美術館 黒川紀章 姥子 富士山 ロープウェイ ゴンドラ マイケルジャクソン 映画 行き違い 箱根ケーブルカー 箱根登山鉄道 のぼりやまてつみち君 スイッチバック 箱根フリーパス ロマンスカー Mrカズキ お台場 穴場 花火 荒川 ホルモン1番 西銀座チャンスセンター  宝くじ ヒメアジサイ 東慶寺 かまくら陶芸館 八重ドクダミ World the We 平和 are 円覚寺 弁天堂 黄梅院 6月の花 紫陽花  ルーブル展 薔薇園 ばら祭り 回遊式庭園 二の丸庭園 地下鉄地上駅 皇居東御苑 ANA 離陸 JAL ジャンボ機 羽田空港 離着陸 飛行機 藤田嗣治 青山ユニマット美術館 シャガール 太陽楼 コンテナ船 海のキリン 東京湾 ガントリークレーン 夕陽 展望台 船の科学館 お台場の風景 ゆりかもめ 灯台 君ヶ浜海岸 ロマンチック   節約 手作り 夕日 ウエーブ 感染列島 インフルエンザ ウイルス 海岸 砂浜 スザンヌ  紅葉 フェルメール  カイロ ギザ 砂漠 ピラミッド エジプト 昭和記念公園 コスモス コスモス畑 七色トカゲ 思い出 箱根 弓庵 専用露天風呂 宿 オープン 足立美術館 小泉八雲旧居 塩見縄手 千鳥城 日御碕灯台 経島 出雲大社 大しめ縄 古代神殿 小田原城 動物園 天主眺望 長谷大仏 高徳院 観月堂 輪蔵 長谷寺 エノデン 恵比寿屋 江の島の宿 山ふたつ 奥津宮 稚児ヶ淵 亀石 江の島岩屋 江の島灯台 サムエル・コッキング苑 江ノ島弁天橋 エスカー 江島神社 東京湾花火大会 お台場海浜公園 ビーナスフォート 竹林 花想い地蔵 アジサイ寺 湯の川プリンスホテル渚亭 バイキング 新日本海フェリー グリル ゆうかり ルルドの水 修道女 聖母マリア トラピスチヌ修道院 松嶺院 山門 北鎌倉 三門 外国人墓地 カフェテリア・モーリエ 高龍寺 宇須岸河野館 旧函館区公会堂 カトリック元町教会 函館元町 ハリストス正教会 八幡坂 摩周丸 函館山 BAYエリア 金森赤レンガ倉庫 函館港 五稜郭 洋式城郭 土塁 新五稜郭タワー 函館駅 夜景 濃霧 北海道駒ヶ岳 大沼公園 新日本三景 大沼駒ヶ岳神社 水芭蕉 桜ケ丘団地 やすらぎの家 木の実橋 金比羅火口災害遺構 とうや湖ぐるっと彫刻公園 白鳥型足こぎボート 洞爺湖畔 洞龍の足湯 洞爺湖 サイロ展望台 羊蹄山 有珠山火口原展望台 洞爺湖展望台 有珠山ロープウェイ 昭和新山 ベロニーテ型火山 火山村 有珠山 西山火口散策路 地殻変動 噴火 洞爺駅 駒ヶ岳 内浦湾 大通公園 北海道大学 赤れんが 札幌駅 演武場 時計台 北一硝子 水天宮 境町通り オルゴール堂 外人坂 小樽運河 小樽駅 小樽第3埠頭 小樽港 朝日 ゆうかり船内 フェリー 山の下埠頭 ゆうかりスイートルーム 展望デッキ 新宿御苑 庭園 ツツジ山 自然教育園 二重橋  皇居 お堀 見取り図 火事 新緑 天守台 日本庭園 旧古河邸 らいらっく 船旅 10時打ち チケット カシオペア 飛鳥山公園 都電荒川線 蒸気機関車 花見 絵画 八代亜紀 ジャイアントパンダ 寛永寺 西郷隆盛 清水観音堂 不忍池 桜見 上野公園 JR東海 お得なきっぷ 新幹線 石廊崎港 さんふらわあ カシオペア予約 緑の窓口 びゅうプラザ 城址 萩町合掌集落 白川郷 雪景色 

ブログ内検索

 

プロフィール

Tomichan


自然・温泉・食べる事が大好き!
旅先でふれた色々な実体験をなるべく詳細に記録しています。
後で自身のアルバムにもなるように(笑)
皆様の参考にもなればうれしいなあ、と思います。

リンク
カテゴリー
 
最近の記事
Tree-Arcive
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。