アクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美ヶ原高原から見る山岳風景にうっとり 

今日はGWに行った美ヶ原高原の写真をアップします。
美ヶ原高原はJR松本駅から車で1時間ちょっと。

八ヶ岳中信高原国定公園に含まれる2,034mのれっきとした火山です。
火山と言っても頂上付近は比較的平坦になっているので牧場やホテル、
電波塔も建っています。
10年以上前に会社の同僚がすごくいいとこだよ、絶景だよって教えられ、
それからずっと気になるところでした。
なかなかチャンスが無く、思いだけで伸ばし伸ばしになっていましたが、
今回チャンスに恵まれて初めて美ヶ原行きが実現しました。
山なので天気がとても心配でしたが、際どいところで晴れてくれて
(前日は大雨)、多少の雲は残ったけど、うわさ通り、イヤうわさ以上。
美ヶ原山頂の王ケ頭ホテルに宿泊したのですが、ホテルの周りを
ぐるっと歩いただけで360°山の景色の大パノラマ。
特に山頂に残雪を頂いた山が幾重にも重なるアルプス山脈は迫力満点。
どこを見ても山、山、山の山岳風景。
山登りしたわけではないのにまるで苦労して山にたどり着いたような
美しい山岳風景にただただうっとりするばかりでした。
美ヶ原はまさに山の大展望台。
あまりに美しい山岳風景を前に心が解けて行く感じです。
当然テンションも急上昇。
目の前の絶景を前にカメラのシャッターをカシャカシャ。
素人なので上手ではありませんがこの山岳風景の美しさ、
少しでも伝わればいいな・・・と思います。

※写真をクリックすると大きなサイズで見れます♪


電波塔のある美ヶ原高原 王ケ頭を望む
電波塔のある美ヶ原高原 王ケ頭を望む
美ヶ原山頂には電波塔がいくつも立っています。
美ヶ原が長野県のちょうど中央に位置し県内の広範囲を
見渡すことができるからのようです。
地元松本の人でも電波塔がある美ヶ原ということは知っていても
こんなに美しい景色が広がるビュースポットだと知る人は
意外に少ないとのことでした。

美ヶ原山頂 王ケ頭の石碑
美ヶ原山頂 王ケ頭
標高2,034m、美ヶ原山頂の王ケ頭です。
美ヶ原山頂には鉄平石と言われる板状の石がゴロゴロ。
登山記念に誰かが積み上げたいくつもの大小のケルン。
写っていませんが写真の右下のコーナあたりには
三角点もありました。

美ヶ原 王ケ頭より見る北アルプスの山岳風景
王ケ頭より見る北アルプスの山岳風景
刻々と変化する山の景色は見ていて飽きません。
数分すると雲が流れてきて山頂が雲の中に入ってしまったりします。

ケルンと雲と山岳風景
ケルンと雲と山岳風景
100枚以上撮った写真の中でも雲のない写真はほんの数枚。
山がきれいに見えている時に写真を撮ってしまわないと同じ景色には
2度とめぐりあうことができません。。。

王ケ頭より乗鞍岳方面を望む(ケルンも入れて)
王ケ頭より乗鞍岳方面を望む
乗鞍岳の下の方に見えてる町は松本市内。
山に囲まれ盆地になっているのがよくわかります。

美ヶ原山頂の王ケ頭から見る中央アルプス連峰
美ヶ原 王ケ頭から見る中央アルプス連峰
滞在中、中央アルプス連峰は残念ながら雲に包まれたままでした。
中央アルプス連峰の代表的な山は木曽駒ケ岳、2,956mがあります。

王ケ頭より望む八ヶ岳連峰
王ケ頭より望む八ヶ岳連峰
八ヶ岳連峰のすぐ右奥には富士山も見えます。
実は↑この写真の一番右に写っています、裾野だけですが。
滞在中に富士山が見えていたのはたった30分ぐらい。
そのときは食事中で食べ終わったら写真を撮ろうと
思っているうちに山頂が雲の中に隠れてしまいました、残念!

美ヶ原牧場と美しの塔を望む
美ヶ原牧場と美しの塔
美ヶ原のシンボル、美しの塔は美ヶ原牧場の真ん中にポツンとあります。
遭難防止用に金を鳴らして存在を知らせる目的に作られたそうですが、
実際には金を鳴らしても遠くに金の音は聞こえないそうです。

王ケ頭ホテル前より北アルプス連峰を望む
王ケ頭ホテル前より北アルプス連峰を望む
美ヶ原から見る北アルプス方面の山岳風景は360°の山の景色の中でも
ダントツに美しいです。
その美しさは写真ではとても表現しきれません。
どこまでも続く残雪を頂いた山並み、レンズに収められるのは
ほんの一部分だけです。
人間の目で実際に見た美しさには到底敵うものではありません。
訪れた人だけが味わえる極上の景色だと思います。

美ヶ原 王ケ頭から見た北アルプス連峰
美ヶ原 王ケ頭から見た北アルプス連峰
山の名前はほとんど知らなかったのですが、美ヶ原に上ると
いろんな山が見えるのでだんだん山の名前が知りたくなります。
↑写真の中には左から中岳、大喰岳、槍ヶ岳、常念岳、東天井岳、
大天井岳、有明山、燕岳が写っています。

王ケ頭より見る早朝の雲海
王ケ頭より見る早朝の雲海

王ケ頭より見る浅間山と雲海
王ケ頭より見る浅間山と雲海
早朝は幻想的な雲海が町を覆っていました。
いつもは朝が弱い自分も、カメラ片手に早起きです。
時間によっていろいろな景色が楽しめるのも山の魅力です。


今日は美ヶ原高原 王ケ頭からの山岳風景でした。
次回は王ケ頭~王ケ鼻の景色です。


関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

RSSフィード

QRコード

QR

Let's link

 

このブログのタグリスト

民芸品 お守り 古い町並み 三町 城下町 さるぼぼ 朝市 高山 祭り 装束 屋台 上高地 平湯 ハイウェイバス 濃飛バス 平湯バスターミナル 義援金のある宿 がんばろう日本 コカコーラ 自動販売機 丸ボトル 初代日本丸 総帆展帆 登檣礼 バラアイス ガーデンパーティー バラフェスティバル スズメバチ 弱肉強食 Kamakura Choujyuji スギゴケ 長寿寺 グランドホテル磯屋 長崎鼻 犬吠埼灯台 犬吠埼 長崎海岸 ハナショウブ 後庭園 明月院 丸窓 赤地蔵 めいげついん あじさい 青地蔵 コウヤマキ かまくら陶藝館 布袋尊 浄智寺 イワタバコ 旧古河邸バラ園 銚子漁港 大漁旗 抱負 新年 イルミネーション スターライトガーデン クリスマスツリー 国立新美術館 黒川紀章 姥子 富士山 ロープウェイ ゴンドラ マイケルジャクソン 映画 行き違い 箱根ケーブルカー 箱根登山鉄道 のぼりやまてつみち君 スイッチバック 箱根フリーパス ロマンスカー Mrカズキ お台場 穴場 花火 荒川 ホルモン1番 西銀座チャンスセンター  宝くじ ヒメアジサイ 東慶寺 かまくら陶芸館 八重ドクダミ World the We 平和 are 円覚寺 弁天堂 黄梅院 6月の花 紫陽花  ルーブル展 薔薇園 ばら祭り 回遊式庭園 二の丸庭園 地下鉄地上駅 皇居東御苑 ANA 離陸 JAL ジャンボ機 羽田空港 離着陸 飛行機 藤田嗣治 青山ユニマット美術館 シャガール 太陽楼 コンテナ船 海のキリン 東京湾 ガントリークレーン 夕陽 展望台 船の科学館 お台場の風景 ゆりかもめ 灯台 君ヶ浜海岸 ロマンチック   節約 手作り 夕日 ウエーブ 感染列島 インフルエンザ ウイルス 海岸 砂浜 スザンヌ  紅葉 フェルメール  カイロ ギザ 砂漠 ピラミッド エジプト 昭和記念公園 コスモス コスモス畑 七色トカゲ 思い出 箱根 弓庵 専用露天風呂 宿 オープン 足立美術館 小泉八雲旧居 塩見縄手 千鳥城 日御碕灯台 経島 出雲大社 大しめ縄 古代神殿 小田原城 動物園 天主眺望 長谷大仏 高徳院 観月堂 輪蔵 長谷寺 エノデン 恵比寿屋 江の島の宿 山ふたつ 奥津宮 稚児ヶ淵 亀石 江の島岩屋 江の島灯台 サムエル・コッキング苑 江ノ島弁天橋 エスカー 江島神社 東京湾花火大会 お台場海浜公園 ビーナスフォート 竹林 花想い地蔵 アジサイ寺 湯の川プリンスホテル渚亭 バイキング 新日本海フェリー グリル ゆうかり ルルドの水 修道女 聖母マリア トラピスチヌ修道院 松嶺院 山門 北鎌倉 三門 外国人墓地 カフェテリア・モーリエ 高龍寺 宇須岸河野館 旧函館区公会堂 カトリック元町教会 函館元町 ハリストス正教会 八幡坂 摩周丸 函館山 BAYエリア 金森赤レンガ倉庫 函館港 五稜郭 洋式城郭 土塁 新五稜郭タワー 函館駅 夜景 濃霧 北海道駒ヶ岳 大沼公園 新日本三景 大沼駒ヶ岳神社 水芭蕉 桜ケ丘団地 やすらぎの家 木の実橋 金比羅火口災害遺構 とうや湖ぐるっと彫刻公園 白鳥型足こぎボート 洞爺湖畔 洞龍の足湯 洞爺湖 サイロ展望台 羊蹄山 有珠山火口原展望台 洞爺湖展望台 有珠山ロープウェイ 昭和新山 ベロニーテ型火山 火山村 有珠山 西山火口散策路 地殻変動 噴火 洞爺駅 駒ヶ岳 内浦湾 大通公園 北海道大学 赤れんが 札幌駅 演武場 時計台 北一硝子 水天宮 境町通り オルゴール堂 外人坂 小樽運河 小樽駅 小樽第3埠頭 小樽港 朝日 ゆうかり船内 フェリー 山の下埠頭 ゆうかりスイートルーム 展望デッキ 新宿御苑 庭園 ツツジ山 自然教育園 二重橋  皇居 お堀 見取り図 火事 新緑 天守台 日本庭園 旧古河邸 らいらっく 船旅 10時打ち チケット カシオペア 飛鳥山公園 都電荒川線 蒸気機関車 花見 絵画 八代亜紀 ジャイアントパンダ 寛永寺 西郷隆盛 清水観音堂 不忍池 桜見 上野公園 JR東海 お得なきっぷ 新幹線 石廊崎港 さんふらわあ カシオペア予約 緑の窓口 びゅうプラザ 城址 萩町合掌集落 白川郷 雪景色 

ブログ内検索

 

プロフィール

Tomichan


自然・温泉・食べる事が大好き!
旅先でふれた色々な実体験をなるべく詳細に記録しています。
後で自身のアルバムにもなるように(笑)
皆様の参考にもなればうれしいなあ、と思います。

リンク
カテゴリー
 
最近の記事
Tree-Arcive
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。