アクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のどかな麦畑が昭和新山に???

有珠山 西山火口散策路を見た私たち夫婦が次に向かったのは、昭和新山。

途中、洞爺湖と羊蹄山、周辺の山並みが見えてきて、とても美しい景色

その景色はまた後の日記で紹介するとして・・・えっ見たい

ではちょっとだけ・・・。

洞爺湖と羊蹄山(蝦夷富士)
洞爺湖と羊蹄山(蝦夷富士)

↑写真は昭和新山見学後に撮ったものなので少し天気が曇ってしまった。

それでもとってもきれいだったので、この辺りの風景は後日たっぷりと

紹介させていただきま~すネ。

有珠山 西山火口散策路の北口駐車場から、温泉街を通り過ぎ、

約15分程で昭和新山に到着。

麓には昭和新山から取った火が赤々と燃えていました。

昭和新山と昭和新山の火
昭和新山と昭和新山の火

昭和新山の周辺は西山火口散策路よりもずっと明るい雰囲気。

昭和新山の目の前には大有珠山もそびえ、昭和新山と大有珠山の間には

火山村も出来ていて、お土産屋さんもずら~っと軒を連ね、昭和新山クマ牧場

隣接しています。

既に観光地として出来上がっている感じで、昭和新山山麓にはGWという事もあり、

たくさんの人が見学に来ていました。

大人だけの旅行の私たちはクマ牧場にもみやげものにも興味無く、

とりあえず、昭和新山山麓の行く事ができる一番高い所まで上がってみた。

昭和新山と火山村
昭和新山と火山村 

特別天然記念物 昭和新山
特別天然記念物 昭和新山

ちょっと昭和新山のお勉強

読みたくない方は飛ばして読んでください。

昭和新山のある地面はもとは、のどかな麦畑だったそうです。

昭和18年12月28日に激しい地震が始まり、繰り返しの地震活動の後に

麦畑だった土地が少しづつ盛り上がり、翌19年4月頃にはもとの地面から

50mも隆起し、更に6月23日、盛り上がった畑で噴火が始まり、

7個の噴火口をつくりながら、4ケ月の爆発を繰り返しました。

その間、周辺の民家や鉄道共々隆起が続き、標高300mの台地(尾根山)が

できました。

11月になって、噴火口群の中央から地中で固まった溶岩が推し上がり始め、

昭和20年9月末に標高407mにまで成長し、ようやく活動を休止しました。

今なお噴気を上げるピラミッド型レンガ色の部分が溶岩塔で、このタイプの

火山をベロニーテ型火山といい、世界的にも珍しい形式の火山だそうで、

特別天然記念物に指定されています。

昭和新山が誕生した頃は第二次世界大戦の末期で、軍部も機密事項にし、

火山学者も十分な調査・観測ができなかったそうです。

そんな中、地元の郵便局長の三松正夫さんが、詳細な観察記録を残し、

珍しいベロニーテ型火山の火山活動の分析をするのに貴重な学術資料とされ、

その1つがミマツダイヤグラムと言います。

上記内容は山麓の上部の案内板によるものです。

ハイ、お勉強終わり~。


標高407mの山なので、見た感じそれほど高い山ではありません。

登れそうな感じですが、今も噴煙を上げているので、山麓の案内板より先は

通行止めです。

一面芝生が植えられた山麓は意外に気持ちがいい~~

麓の高台から右側を見下ろす景色をパチリ

昭和新山と火山村の様子(右方向)
昭和新山と火山村の様子

今度は左方向を見下ろす景色をパチリ

昭和新山の火山村の様子(左方向)
昭和新山の火山村の様子

左方向には大有珠山ロープウェイの山麓駅や昭和新山クマ牧場があります。

勿論、ここまで来たら、もっと素晴らしい景色が期待できるロープウェイに

乗らないと後悔します。

このまま左下方向に歩いてすぐにある、ロープウェイ山麓駅に向かいました。

途中、緑鮮やかな芝生と昭和新山の山の色の景色がきれいで、

パチリとパチリとカメラマン気分、その出来栄えについては

何も言ってくださるな、何しろドシロですから・・・

昭和新山と火山村の様子
昭和新山と火山村の様子

大人(中学生以上)往復¥1,450を2枚買い、私とダンナ、

ロープウェイに乗り込みました。

※参考(小人(小学生)往復¥730、片道だと大人¥810、小人¥410)

ロープウェイの中からもう1度、昭和新山を撮影

昭和新山の火山村の様子(ロープウェイから)
昭和新山の火山村の様子

これからおよそ6分間の空中散歩、有珠山の山頂へと向かいました。

有珠山ロープウェイ
有珠山ロープウェイ


有珠山の山頂付近からの景色は予想通りの絶景。

次回は有珠山山頂付近からの景色をドド~ンをお伝えしま~す。

関連記事

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ!

正直、あまり昭和新山は期待していなかったんです。
でも行ってみてとても良かったと思っています。
天気も良かったので、昭和新山と芝生の色がとってもきれいでした。
ロープウェイから見る昭和新山や洞爺湖の景色、室蘭やはるか遠くの
山並みもきれいで、北海道に来た~って実感できました。
是非、機会があれば行ってみてくださいネ。コメントありがとう。

昭和新山

昭和新山の色と大きさの迫力には圧倒されますね。遠目にしか見た事がないのでいつかはじっくりと見たいと思っています。

RSSフィード

QRコード

QR

Let's link

 

このブログのタグリスト

民芸品 お守り 古い町並み 三町 城下町 さるぼぼ 朝市 高山 祭り 装束 屋台 上高地 平湯 ハイウェイバス 濃飛バス 平湯バスターミナル 義援金のある宿 がんばろう日本 コカコーラ 自動販売機 丸ボトル 初代日本丸 総帆展帆 登檣礼 バラアイス ガーデンパーティー バラフェスティバル スズメバチ 弱肉強食 Kamakura Choujyuji スギゴケ 長寿寺 グランドホテル磯屋 長崎鼻 犬吠埼灯台 犬吠埼 長崎海岸 ハナショウブ 後庭園 明月院 丸窓 赤地蔵 めいげついん あじさい 青地蔵 コウヤマキ かまくら陶藝館 布袋尊 浄智寺 イワタバコ 旧古河邸バラ園 銚子漁港 大漁旗 抱負 新年 イルミネーション スターライトガーデン クリスマスツリー 国立新美術館 黒川紀章 姥子 富士山 ロープウェイ ゴンドラ マイケルジャクソン 映画 行き違い 箱根ケーブルカー 箱根登山鉄道 のぼりやまてつみち君 スイッチバック 箱根フリーパス ロマンスカー Mrカズキ お台場 穴場 花火 荒川 ホルモン1番 西銀座チャンスセンター  宝くじ ヒメアジサイ 東慶寺 かまくら陶芸館 八重ドクダミ World the We 平和 are 円覚寺 弁天堂 黄梅院 6月の花 紫陽花  ルーブル展 薔薇園 ばら祭り 回遊式庭園 二の丸庭園 地下鉄地上駅 皇居東御苑 ANA 離陸 JAL ジャンボ機 羽田空港 離着陸 飛行機 藤田嗣治 青山ユニマット美術館 シャガール 太陽楼 コンテナ船 海のキリン 東京湾 ガントリークレーン 夕陽 展望台 船の科学館 お台場の風景 ゆりかもめ 灯台 君ヶ浜海岸 ロマンチック   節約 手作り 夕日 ウエーブ 感染列島 インフルエンザ ウイルス 海岸 砂浜 スザンヌ  紅葉 フェルメール  カイロ ギザ 砂漠 ピラミッド エジプト 昭和記念公園 コスモス コスモス畑 七色トカゲ 思い出 箱根 弓庵 専用露天風呂 宿 オープン 足立美術館 小泉八雲旧居 塩見縄手 千鳥城 日御碕灯台 経島 出雲大社 大しめ縄 古代神殿 小田原城 動物園 天主眺望 長谷大仏 高徳院 観月堂 輪蔵 長谷寺 エノデン 恵比寿屋 江の島の宿 山ふたつ 奥津宮 稚児ヶ淵 亀石 江の島岩屋 江の島灯台 サムエル・コッキング苑 江ノ島弁天橋 エスカー 江島神社 東京湾花火大会 お台場海浜公園 ビーナスフォート 竹林 花想い地蔵 アジサイ寺 湯の川プリンスホテル渚亭 バイキング 新日本海フェリー グリル ゆうかり ルルドの水 修道女 聖母マリア トラピスチヌ修道院 松嶺院 山門 北鎌倉 三門 外国人墓地 カフェテリア・モーリエ 高龍寺 宇須岸河野館 旧函館区公会堂 カトリック元町教会 函館元町 ハリストス正教会 八幡坂 摩周丸 函館山 BAYエリア 金森赤レンガ倉庫 函館港 五稜郭 洋式城郭 土塁 新五稜郭タワー 函館駅 夜景 濃霧 北海道駒ヶ岳 大沼公園 新日本三景 大沼駒ヶ岳神社 水芭蕉 桜ケ丘団地 やすらぎの家 木の実橋 金比羅火口災害遺構 とうや湖ぐるっと彫刻公園 白鳥型足こぎボート 洞爺湖畔 洞龍の足湯 洞爺湖 サイロ展望台 羊蹄山 有珠山火口原展望台 洞爺湖展望台 有珠山ロープウェイ 昭和新山 ベロニーテ型火山 火山村 有珠山 西山火口散策路 地殻変動 噴火 洞爺駅 駒ヶ岳 内浦湾 大通公園 北海道大学 赤れんが 札幌駅 演武場 時計台 北一硝子 水天宮 境町通り オルゴール堂 外人坂 小樽運河 小樽駅 小樽第3埠頭 小樽港 朝日 ゆうかり船内 フェリー 山の下埠頭 ゆうかりスイートルーム 展望デッキ 新宿御苑 庭園 ツツジ山 自然教育園 二重橋  皇居 お堀 見取り図 火事 新緑 天守台 日本庭園 旧古河邸 らいらっく 船旅 10時打ち チケット カシオペア 飛鳥山公園 都電荒川線 蒸気機関車 花見 絵画 八代亜紀 ジャイアントパンダ 寛永寺 西郷隆盛 清水観音堂 不忍池 桜見 上野公園 JR東海 お得なきっぷ 新幹線 石廊崎港 さんふらわあ カシオペア予約 緑の窓口 びゅうプラザ 城址 萩町合掌集落 白川郷 雪景色 

ブログ内検索

 

プロフィール

Tomichan


自然・温泉・食べる事が大好き!
旅先でふれた色々な実体験をなるべく詳細に記録しています。
後で自身のアルバムにもなるように(笑)
皆様の参考にもなればうれしいなあ、と思います。

リンク
カテゴリー
 
最近の記事
Tree-Arcive
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。